自分で出来る!調理用家電のお手入れ方法

自分でできるお手入れの方法の種類

電子レンジはフル活用の毎日

忙しい日々の人も、そうでは無い人も、もはや一家に一台は必ずあるものが電子レンジ。
これがひとつあるだけで、温めから解凍、揚げ物など簡単な料理まで色々できてしまう優れものです。
最近はやりの作り置き料理も、電子レンジさえあれば時短で、食事が用意できてしまいます。
毎日必ず使うといってもいいかもしれませんね。
そんな酷使しているレンジ、実は思っているより汚れが付着しているものです。
なかなかじっくり見る事がないかもしれないですが、中を見て見ると油汚れがびっしり、なんて事も。
目に付いた時、ぜひお掃除をしてしまいましょう。
あまりにも汚れがこびりついたままでいると、発火の恐れもあるので、そうなる前にキレイにすることが大事です。
さっと一拭きを心がけましょう。

IH調理器のお手入れ

近年オール電化なども多いキッチン周り。
お気に入りの使い勝手の良いお鍋やフライパンなど、綺麗に保つのがベストですよね。
IH対応の調理家電、どんなお手入れをしていますか?
焦げ付きやべたつきの汚れ。
実は簡単に落とせるものもあります。
クリームタイプのクレンザーを、適当に丸めたラップでこすると、調理器具を傷つけず綺麗に落とすことができます。
金属のタワシなどは使わないで下さい。
細かな傷がついて、ツヤがなくなってしまったり色落ちしてしまう場合があります。
IHヒーターは、材質によってお手入れも変わってきますので、機器の取り扱いを必ず確認してから行いましょう。
ラップは密着率も高く優しく汚れを落としてくれる、裏技です。
汚れが落とせたら、必ずていねいに水拭きをして、クレンザーの粒子が残らないようにしましょう。


この記事をシェアする